審査に不利になる申し込みブラックとは?

申し込みブラックとはどういうこと?

消費者金融には、申し込みブラックという概念が存在します。

申し込みブラックというのはある一定の短い期間内に複数の消費者金融業者に申し込みをしたことによって、消費者金融などのカードローン審査に通りづらくなっている状況の事を言います。

消費者金融からお金を借りたいと思っている人は、何かしらの急ぎの理由があって融資を必要としています。

ですが、申し込みをしても借入ができないということもあります。

さらに、初めに申し込んだところでの融資額が必要な金額に満たないこともあります。

そのような時などに、複数の業者に短期間で申し込みを続けてしまい、申し込みブラックになるという悪循環にもなり得るのです。

このような状況では、消費者金融側の審査も低い評価になってしまいますので、そうならないような手段を考えるべきです。

どのような時に申し込みブラックになるのか。消費者金融の審査の際、個人信用情報機関から登録されている個人の信用情報を提供してもらって、その情報と照らし合わせて返済能力があるかどうかなど調査していきます。

この個人信用情報機関には、リアルタイムで消費者金融やカードローンへの申し込み実績、過去のカードローンの利用履歴などが登録されていきます。消費者金融業者間でも信用情報機関を通して個人の信用情報が共有さています。

例えば、M業者で審査に落ちたことは、別の業者にも信用情報機関を通して知られているということになります。

短い期間で多くの業者に審査を落とされている場合には、それだけ信用度が低いということになります。もし、審査を落とされていなくても、多重債務者ということになるので慎重な審査が行われることになります。

こうした状態が申し込みブラックと呼ばれています。申し込みブラックの回避方法。

もし、複数の消費者金融業者から融資を受ける必要がある時で、申し込みブラックになるのを避けたいという時に一番有効なのは、短期間で一度に申し込みをしないということです。申し込みの件数については、3件までが限度です。

期間も1ヶ月以上は間を空けるようにしましょう。消費者金融の審査において最も重要視されるのは、その人物の信用情報です。

申し込みブラックのように、避けられる事案はなるべく気をつけるようにし、評価を下げないようにしましょう。申し込みブラックになるのは、ある程度の期間を空けて融資の申し込みをすることで避けられるので、いくつかの業者に融資依頼をする際にはこの期間に注意をしておくようにしましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ