カードローン審査の評価に影響があるスーパーホワイトって?

スーパーホワイト状態と言うのは?

消費者金融の審査だと申請した方の色々な情報を元にして返済能力の判断をするのですが、その内、審査を通過する事で難しいのが、スーパーホワイト状態と言います。

つまりスーパーホワイトというのは、消費者金融の審査を申請した時に しばらくの間カードローン、クレジットカードの利用をしていない状態です。

消費者金融の審査は、返済能力を見極める為の資料として以前のカードローン、クレジットカード使用の状況を調べます。

仮に以前にカードローンの融資を受けていた時にはその際の返済の状況を調べて、滞納等の事故がなかったのかを調べる事になるのですが、 スーパーホワイトと言うのはこの以前の利用がない状態の事をさします。

一体、スーパーホワイトの問題は何なのか?

以前にカードローン、クレジットカードの融資がない状態とは、普通の見解としては消費者金融の審査であっても 借入をし易いと思われることが多い・・・
です。

それが20歳になってすぐの人だと今までにカードローン、クレジットカードを使用したことがないのは普通の事ですよね。未成年はお金を借りられませんから。

ですが、スーパーホワイトというのはカードローン、クレジットカード等を使っていてもおかしくない年齢層の方に利用した履歴がない状態の事を言うのです。

社会人になれば今の時代、何かしらクレジットカードの一枚や二枚は使うのが当たり前の時代。ましてやネットで買い物をするとき等はいまどきカードないと決済できません。

そうした流れから、ある程度の年齢でスーパーホワイト状態だと「おや?おかしいぞ」と判断されてしまうようです。

当然、消費者金融の審査だと、色々な人がいますからあえてカードを作らない人もいる等、当然色々と考慮するのですが、例えば 以前に金融事故等があったために利用が不可だった可能性も想定されます。 特に自己破産や債務整理などがそうです。

その様な理由があり、消費者金融の審査の時にはスーパーホワイトの様な状態は慎重にこの人には融資をしても良いのか?と審査に時間がかかります。

 

スーパーホワイトと考えられる時と考えられない場合

しかし、以前にカードローンを1つも使用した事がない、と言う様な方が全員スーパーホワイトと考えられるということではありません。

カードローンの使用に関しては中には必要ではないという場合もあるので、以前に融資がなかった状態のみでは消費者金融の審査でスーパーホワイトにあたると言うことはありません。

 

スーパーホワイトと考えられるのは、合わせて
クレジットカードの契約、携帯電話の使用
住宅ローン等、各種ローンの使用
等もない状況です。

当然その中にはこの様なローン、クレジットカードを使用してはいないと言う方もいるでしょうが、消費者金融の審査については色々な状態に関して調べられると言う事を知っておくべきです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ