アルバイトやパートの場合、いくらまで借りれる?

最近、消費者金融のカードローンやキャッシングは大変利用しやすくなっています。
アルバイトやパート、派遣社員の場合でも毎月一定の収入があれば申込みが可能になっています。

いまどき正社員じゃないからという理由で審査に通過できないという消費者金融会社は殆どありません。

ただし、やはりバイトやパートの場合は正社員と比較すると収入が少ないので
融資限度額などはあまり多く設定してもらえません。日雇いの仕事でも審査には通りますが、その上限額はさらに低めになる可能性もあります。
何故なら消費者金融会社というのは総量規制というのがあり、年収の三分の1以上はお金は借りられないようになっています。

ですからパートやアルバイト、派遣社員の場合
借りられる金額というのはほぼ限られています。
相場としては10万円から多くても30万円程でしょう。
給料日前に数万円足らない、冠婚葬祭などでまとまったお金が必要といった場合借りるにはこれでも十分に助かる金額です。

キャッシング審査に通過できた場合は、もし思ったよりも多く借りられたとしても
必要最低限に借り、余分な金額は借りないようにしましょう。
返済が楽にできる金額を利用するのがベストです。

そしてバイトやパートであっても利用限度額は収入や勤務先、勤続年数などで人それぞれに金額が変わります。

例えばバイトでも長年勤続していて、社員並みの高収入の人もいたりします。例えば水商売である場合はそれにあたるでしょう。こういった方の場合は、借り入れ可能額が少し高めに設定されたりもしますので、一概に金額の想定はできません。これは収入証明の提出により借り入れ上限額が査定される事になります。

いずれにしても消費者金融でお金を借りる際には計画的に利用をし、返済期日は必ず守りましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ