消費者金融を利用すると住宅ローン等に影響ある?

消費者金融の利用が住宅ローンや教育ローンなどその他のローン審査に影響すると言った話を良く聞きます。

それは本当なのか?消費者金融の利用が及ぼす実態について解説します。

・最近ではそんなに影響しない

消費者金融の利用は最近では金融機関の間でも急場しのぎに借りたのだろうと、影響を受けなくなりつつあります。
特にアコムやプロミスなどの大手消費者金融からの利用は、ブランド力もありそこまで影響を与えません。
それよりも、住宅ローンであるならば仕事の安定性や年収、頭金などが重視される傾向にあります

・影響は与えないが、解約しておいた方が無難

消費者金融の利用実態は大きな影響はないと思われますが、ギリギリの審査の時に悪い方向に転ぶ可能性はあります。
住宅ローンに落ちた際に、消費者金融の利用が原因ですと銀行マンは教えてくれませんので、そのような事態にならない為には解約をして万全を期したほうがいいでしょう。
消費者金融キャッシングやカードローンの与信は、完済していて使っていなくても使っている物としてみなしますので解約をする必要があります。
解約をした後も信用情報機関に契約した情報は一定期間残りますので、不安症の方は住宅ローンの審査を受ける前に早めに解約をしておくといいでしょう。

住宅ローン等の大きな借入は今後の人生に影響する大きなイベントです。
後で悔いが残らないように、万全の態勢で臨んでください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ