03. 9月 2017 · 消費者金融と銀行キャッシングの違いは何? はコメントを受け付けていません。 · Categories: 未分類

消費者金融キャッシングと銀行カードローンに違いはあるのでしょうか。

消費者金融と銀行のキャッシングはどう異なるのかについて解説します。

・キャッシングとカードローンの違いは

銀行からの借入ではカードローンが主流ですので、先ずはキャッシングとカードローンの違いを理解することが大切です。

キャッシングもカードローンもさほど違いは特にありません。

元々、消費者金融から借入を行う時、消費者金融はキャッシングという言葉を使って借金という言葉をごまかしていましたが、銀行カードローンがはやり始めたころに銀行側はキャッシングという言葉は消費者金融の悪いイメージがあったのでカードローンという新しい言葉を作っただけです。

現在では消費者金融の中にもキャッシングではなくカードローンという言葉を使い始めています。

・銀行キャッシング=銀行カードローン、銀行系キャッシング

消費者金融銀行キャッシングは銀行カードローンと同じ効果になります。

銀行カードローンは銀行メインで融資を行うため、消費者金融と違い貸金業法の影響を受けないので、総量規制の対象外となります。

では消費者金融のキャッシングはどうでしょう、貸金業法の影響を受けますので、総量規制の対象ということになります。

似たような言葉で、銀行系キャッシングという言葉があります。

銀行系キャッシングは銀行が資本を出した消費者金融の事を言いますので、当然業態は消費者金融の為に総量規制の対象ということになります。

消費者金融キャッシングと銀行キャッシングの違いは総量規制の対象になるかならないかで理解するといいでしょ

Comments closed