キャッシングやカードローン、多重債務になるとどうなる?

キャッシングやカードローン、多重債務になるとどうなるのでしょうか。

借り入れを無計画に進めてしまうと気が付けばいくつかの消費者金融から借りていたということが稀にですがあります。返済が間に合わなくなり、さらには別なところで借り入れたお金で返済していくという悪循環。

キャッシングやカードローンが多重債務になる過程とその後について解説します。

・複数社の内1社が焦げ付く

多重債務の道は、複数社から借りていて返済日が間に合わず、1社の返済が数か月間焦げ付いた状態から始まります。

1社の返済が焦げ付くと、ブラックリストの情報が信用情報機関に記録されます。

ブラックリストの情報が信用情報機関に記録されると、焦げ付いていない他の借入先のカード更新や定期見直しの際に与信がゼロになります。

借り換え、自転車操業が出来なくなりますので、その内に借入先全てに焦げ付きが広がり多重債務になる訳です。

・多重債務になると一括返済

延滞が広がり、多重債務になると全ての借入先から一括返済を求められる事になります。

銀行カードローンなど保証会社が付いている借入は、保証会社に債務が移動します。

督促の手紙が届き、金利は遅延損害金に切り替わる為中々借金が減っていきません。

多重債務の状態ですと借り換えも無理ですから、借金を整理する事も出来なくなり無為に返済した金額は金利に消えていきます。

多重債務の状態になった場合、おおむね三年を目途に元利均等返済方式で返済額を計算し、返済していけるか検討するといいでしょう。

3年以上かかるようなら自己破産など法的整理を検討することも一つの手です。

多重債務に陥らないように、あまり借金額を増やさないように常日頃から気を付けるようにもしてください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ