生活保護受給中でもカードローンから借入できる?

何らかの原因で生活が困難になっている人でも最低限の生活を送れるように保障するのが生活保護という制度です。

認められると生活保護費の支給が受けられるようになります。しかし生活保護というのは通常の社会生活ができなくなるというイメージがあります。例えばキャッシングなどです。

この生活保護受給中でもカードローンから借入できるのか気になる事がありました。

〇 生活保護受給中の借入は無理

基本的には生活保護受給中の借入はできません。

カードローンの審査では安定した収入を見ています。

生活保護費は前述したように最低限の生活を送れる分だけの支給となっており、返済に回す余裕まで与えられません。

そのため生活保護受給中に申し込みしても審査に落ちてしまうのです。

審査に落ちてしまうのでは当然ながら借入もできません。

審査では勤務先への在籍確認を行っており、無職の場合も審査に落ちる事が多いです。

生活保護受給中である事を隠して申し込みを行い、後でバレてしまうと信用を失うために注意して下さい。

〇 生活保護打ち切りの可能性あり

生活保護受給中にカードローンから借入できたとしても、後で役所にバレてしまうと大変です。

生活保護受給中に借入すると収入と見なされて、支給打ち切りとなる恐れがあるのです。

打ち切りにならなくても借入した分だけ支給額が減らされます。

カードローンでは利息を付けて返済する事が必要なため、利息分だけ損になるのです。

役所に言わなければ借入してもバレる事は少ないです。

生活保護を借金返済に回してはいけないという法律もありません。

しかしバレた時のリスクが大きすぎるため、内緒で借入を行わないほうが良いでしょう。

生活保護法第60条には勤労に励む事、支出を節約する事、生活の維持と向上に努める事という決まり事もあります。

〇 まとめ

ここまで生活保護中は借入が難しい事を説明してきました。

既に借金がある状況でも債務整理を行えば生活保護の受給は可能です。

しかし債務整理は金融事故となるため、当分の間は借入できなくなります。

また、不正受給を行うと罰則が適用されるために注意して下さい。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ