失業保険を多く貰える方法が4つある?国民健康保険料も軽減できる!

失業保険を多く貰える方法をご存知ですか。

失業保険が多くもらえれば、国民健康保険料の負担も軽減出来て、とても便利になります。

失業保険を多くもらえる4つの方法について解説します。

・退職前の6か月間、残業などで給料を増やす

失業保険は退職前の給料で計算されます。

この給付金額は退職前の6か月間の給料で決定できますので、残業とで手取りの給料が高くなればその分増加します。

退職6か月前からコツコツ残業して、残業代を増やすようにしましょう。

・退職日を忙しい時期の直後にする

忙しい時期は残業や休日出勤をしやすくなります。

残業、休日出勤が出来る状態なら進んで行うようにしましょう。

失業保険がその分だけ増えますので、将来転職するタイミングでの備えになります。

・職業訓練に申し込み受ける

ハローワークで公共職業訓練に申し込むことが出来ます。

自己都合退職の場合、給付開始は3か月後からになりますが、公共職業訓練に申し込み受講を受けることによって直ぐにもらえるようになります。

公共職業訓練が終わるまで給付が継続しますので、スタートを早くする、終了を遅くするなど便利な効果がある制度です。

・退職理由をキチンとする

離職する時は大体同じような理由をみんな持っている物です。

もし勤め先がブラック企業で解雇や大量離職者がいた場合、退職理由を自己都合ではなく会社都合にすることが出来る可能性があります。

会社都合にすることが出来れば失業保険も直ぐに給付され、その上長く給付を受ける事が出来ますので、退職理由が会社都合に出来ないか挑戦してみるといいでしょう。

失業保険を多くもらうには色々とコツが必要です。

会社を辞める前に良く準備して、実行に移すようにしてください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ