今すぐ確実に消費者金融でお金を借りる方法とは?

消費者金融でキャッシングをしようと思っても、もしかしたら審査で落とされてしまうのではと心配な方も少なくないと思います。
では、どうすれば確実に消費者金融から借入れができるのでしょうか?

お金を借りるための条件をいくつかあげてみました。

年齢が20歳から69歳の間。
働いていて安定した収入があること。
運転免許証や健康保険証(※)があること。
他社での借入額が年収の3分の1を超えていないこと。
過去利用した金融の支払い遅れや忘れがないこと。
携帯電話の支払い忘れがないこと。

以上の条件をすべて満たしているならば消費者金融でキャッシングできる可能性はかなり高いと言えます。

まず、消費者金融には利用できる年齢制限があります。
大手消費者金融のプロミスでは年齢制限が20歳から69歳までとなっています。その年齢の範囲でなければ、例え働いていてもキャッシングを利用することはできません。ちなみにアコムでは20歳以上という年齢制限はありますが、上限に関しては明記していません。

消費者金融での借入れ条件の最も重要なのが返済能力の有無になります。働いていることが絶対条件です。安定した収入があることが前提ですので、職種は問いません。正社員、公務員などの正規雇用者はもちろん大丈夫ですが、非正規雇用の派遣やアルバイト・パートなどの方でも問題ありません。

まずは本人であることを確認できる証明書類が必要です。運転免許証や健康保険証(※)。そして、働いていいることを証明できる証明書類も必要になってきます。正社員の方であれば勤務先名の入った健康保険証(※)、社員証など。さらに勤務先名の入った源泉徴収票や給与明細などの収入証明書を提出できると、さらに借りれる確率は増します。

すでに他の金融機関でキャッシングをしていた場合、その額が年収の3分の1を超えていれば、総量規制の対象になり、新たにキャッシングをすることは難しいです。しかし、一般的な銀行などのローンやクレジットカードのショッピングなどのローンは総量規制の対象外となるので影響はありません。ただ、クレジットカードにはショッピング枠とは別にお金を借りることができるキャッシング枠がありますが、そちらを利用していれば総量規制の対象になります。

過去に利用した金融機関があれば、その利用期間に返済の遅れがあったかどうか。また今現在利用している他の金融機関での支払い忘れがないか。クレジットカードやローンなどの支払いが遅れていないか。また、過去に返済ができなくなって踏み倒していないか。履歴は残りますので、調べられるとすぐにわかってしまいます。

関係ないようで実は支払い状況が影響してしまう携帯料金。支払いが遅れていたり忘れていると審査をクリアするのが厳しくなります。

これらの条件を踏まえたうえで、申し込みをすれば土日や休日など関係なく、いつでも必要なときすぐにお金を借りれるので便利です。審査はWEBから借入審査を済ませておけばスピーディーに融資が進みます。

(※)健康保険証の場合は追加でもう一点の証明書類が必要になります。例:住民票等