消費者金融でカードローンの申込をすると、必ず在籍確認があります。
無担保融資である消費者金融なので、給料を確実にもらっていることを提示しないと返済能力の確認ができません。
そのため、確かに申込書に記載されている会社に勤めている事実を確認する必要があるのです。
とはいえ、在籍確認と言われると、自分の勤めている会社に電話確認するものだと思い込んでいる人も多いようです。
しかし、必ずしもそのような方法だけではありません。
最近の大手消費者金融では、電話確認をする代わりに書面による在籍確認を実施していることが多くなりました。
要は、会社に勤めていることが確認できればいいわけであり、健康保険証などを持っていることを確認すれば、会社に電話確認する必要はないのです。
在籍確認の電話が会社にあると、周囲の同僚や上司の奇異の目が自分を突き刺します。
上司は、お金に困っている人は信用できない、不正をするのではないかと疑うかもしれません。
そのため、在籍確認の電話は嫌われています。
また、会社によっては私用電話の取次ぎを拒絶していることもあります。
このような場合は在籍確認の電話をしようとしても不可能です。
そのため、職場への電話確認以外の方法で在籍確認をしようとする消費者金融が増えています。
代表格として、モビットの「WEB完結」が挙げられます。
引落銀行が限られたり、健康保険証の提示が必要だったりしますが、職場に在籍確認の電話はありません。
在籍確認は審査の過程で欠かすことはできません。
しかし、必ずしも職場に電話をする必要性はないということは知っておいて損はありません。
そして、その他、アコムやプロミス等の大手消費者金融の多くはそのような申込方法に対応しているのです。

まとめ

在籍確認の審査は回避できないが、電話以外の方法で在籍確認を行うことにより誰にもバレずにキャッシングやカードローンができるのが最近の消費者金融のメリットと言えるでしょう。