転職した際、再度また勤務先に在籍確認の審査が行われるのか?
ちょっと心配になりますよね。

結論から申し上げますと、殆どの方の場合、在籍確認はされないようです。
稀に返済が滞納ぎみで安定収入があるのか?どうなのか?という信用に欠ける状態になってしまうと、この限りではなくなるかもしれませんが。

基本的に、転職をして職場が変わる際は、利用している消費者金融に報告する義務があります。
当然ですが自分から連絡をしなくてはいけないのです。

書類などを提出する必要もなく電話でOKなので、面倒がらずにきちんと連絡しておきましょう。
もし報告しなかったら、稀にですが「勤務先が変わりましたか?」と携帯電話にかかってくる場合もあるそうです。

ましてや携帯電話がつながらなくて、更にもしも返済状況に滞りがある場合ですと、以前の職場に電話される可能性がありますので、そうなると前の職場に迷惑をかけることになります。

常に借り入れしてる間は自分の情報は伝えておくほうが賢明です。

転職先を伝える際に、中には退職理由を聞かれたなんて人もいますので、その辺も自分なりに伝える理由を用意しておくと安心かもしれませんね。

転職時だけではなく自宅の住所に変更があった場合も同様です。携帯電話がつながらない、さらには郵送が届かない場合は職場に連絡がいく可能性はありますから、なんとしても自分の勤務先に借金を知られたくない人は必ず自分の情報は提出しておくのが賢明です。

基本的には、勤務先に連絡がいくのは申込み審査の際の在籍確認のみになります。問題なく利用していけば、その後に勤務先に連絡いくことはありません。