消費者金融業者の審査にかかる時間はどれくらい?・・・実は消費者金融業者の審査基準はどんな方法で申し込んだとしても、基本的には変わりませんので、審査時間が短くなったり長くなったりという個人差はあまりありません。

様々な方法で申し込むことができるので、自分に合った方法を選ぶのがベストです。

審査の時間ってどれくらいかかるのかなぁ・・・と、急ぎで借りたいときは特に不安になりますよね?

基本的な所要時間に大差はありませんが、やはり申込人によって確認する内容は異なってきますので、審査にかかる時間は人によって少し違います。

審査時間がスムーズにすぐ完了する人もいれば、時間がかかる人もいます。

そこにはさまざまな原因があります。

 

審査が早く終わる人はどんな人?・・・消費者金融業者の審査が早く終わる人というのは、確認する項目に問題がないケースです。

確認する項目が少ない場合、あるいは確認した項目の内容に問題がない場合です。例えば、他社からの借入がない人の場合は・・・返済状況などの利用状況を確認する必要はありません。

この点は、個人信用情報機関に登録されている情報を照合することですぐに確認できますので、他社からの借入が0円の人については、すぐに他の審査へ進みます。

他社からの借入がある場合でも、申し込んだ借入希望金額が総量規制の定める限度額の範囲内であり、返済状況もクリアであればその分だけ調べる時間がなくなりスムーズにすぐ進みます。

勤務先への在籍確認も問題なかった場合にも審査時間は短くなります。

審査に時間がかかる原因・・・審査に必要な時間がかかる原因となるのは、審査での確認項目が多い場合です。

中でも代表的な原因は、融資希望金額が高額の場合ですが、その他にも、他社からの借入があり、その分について、借入残高の推移がスムーズではない場合などが、これに該当します。

借入残高がスムーズに推移していない場合は・・・当たり前のことながら、返済状況について何か問題があるのでは?となってしまいます。

・毎月の返済状況は?
・滞納していないか?

ということを確認し、もし滞納していた履歴があれば、他の項目ももう少し詳細を調べられることになります。

また、勤務先への在籍確認も審査時間がかかる原因の1つです。

在籍確認を行ったものの確認ができなかったという場合もありますので、そうなると、そこで審査がストップします。

このように審査の時間がかかる場合というのは、どこかで問題があり審査の確認項目が多くある場合です。