▼審査をできるだけ短くしたい

最近の消費者金融の借り入れ審査はより時短になってきています。実際の審査時間は業者によって差がありますが、最短30分の審査時間で完了するところもあります。

これはかなりスピーディーな審査ですよね。銀行からも借り入れできるのに、消費者金融から融資を受ける理由の一つに「少しでも早くお金は必要」という背景があります。

このような要望に応えるため消費者金融の審査はスピーディーなものになってきています。そして、申し込む側の工夫次第でも審査時間を短くすることもできるのです。

可能な限り早い融資を希望の人はこうした点を工夫してみることをお勧めします。

▼必要最小限の金額での借り入れ申し込み

借り入れの審査は返済能力を様々な点から判断しますが、融資希望額によっても審査の時間は異なってくるのです。

もし、高額での申し込みをした場合には、確認する項目も増えるため、そのぶんの審査時間を取られてしまうことになります。

ご自身が今必要としている最低限の額で申し込むことで、必要以上に審査時間を取られなくてすむので、多めな金額で希望するなどといったことは避けた方が良いでしょう。

返済のことを考えても、借り入れ金額が少ないに越したことはありません。

▼正確な情報で申し込む

これは、どの審査においてもそうですが、曖昧な情報や事実と異なる情報を申告した場合には、さらに時間がかかってしまいます。

うっかりミスがないよう、申し込み書の記入内容は正確さを第一に、確認をしっかり行うようにしましょう。申込者側が必要なさそうに思える情報も、消費者金融側にとってはきちんと登録をする必要がある情報だったりします。

なので、未記入項目がなく、正確な情報が申告されるというのは、審査時間に多大な影響を与える重要なポイントなのです。