カードローンで発生する代位弁済ってどんな内容?

カードローンの契約書や規約には代位弁済という言葉が載っています。

この聞きなれない代位弁済とはどんな内容なのでしょうか。

代位弁済の内容について解説します。

・代位弁済とは

代位弁済とは銀行カードローンで借りているとき、長期延滞などを繰り返したために保証会社から銀行に返済をしてもらう行為をいいます。

代位弁済で返済をしてもらう事により、銀行への借入金は完済されますが、その代わりに肩代わりをした保証会社へと債務は移ります。

当然金利も保証会社との話し合いに変わるため、上昇するケースが多くなります。

・代位弁済に移るタイミング

代位弁済に移るタイミングは、大体の銀行で3ヶ月程度の延滞を続けた場合とされています。

ただし契約上は少しでも延滞したら代位弁済に移る契約になっていますので、全ての金融機関が何ヶ月も待ってくれるとは限りません。

・代位弁済されるとマズイ事態に

代位弁済をされると、信用情報機関に代位弁済で債務が消滅した旨が記録されます。

この状態はいわゆるブラックリストに載った状態ですので、今後全ての債務が焦げ付くようになります。

代位弁済は安易に起こさない方がいいでしょう。

代位弁済をしてもらっても借金は消えません。

それどころか代位弁済をしてもらうと、ブラックリストに載った状態になり全ての債務が焦げ付きます。

キチンと返済して代位弁済などとは無縁の生活をするようにしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ