在籍確認でNGになってしまう事例とは?

在籍確認なしで借りれればそれが一番ベストなのですが、基本的にはカードローンの申込をすると否応なしに審査で在籍確認があります。

職場への電話確認は利用者に嫌われていることは消費者金融も十分承知していますが、リスクが高く、かつ無担保融資である消費者金融のカードローンなのでやむを得ない審査手続です。

この在籍確認の目的は、申込書に書かれた職場に本当に勤めているかの確認です。

そのため、在籍確認の電話自体は生年月日を確認すると言った本人確認だけで終わります。

考えようによっては儀式的なモノともいえますが、在籍確認の電話の結果審査で落とされることがあります。

在籍確認の目的から考えていただければお判りでしょうが、他人が本人に成りすまされては意味がありません。

退職直後に当座の生活資金確保のためにカードローンを申し込むことがありますが、この際「代弁」を頼むことがあります。

しかし、生年月日を言えても、申込にかかる本人しか知らないような内容を聞かれるとしどろもどろになってしまうことが多いです。

消費者金融もこの辺りは周到に対処しているのです。

結果として審査はNGです。

また、在籍確認の電話ができない場合も最近は増えています。

私用電話を取り次がない会社も多いですし、個人情報保護の観点から「出張していて留守です」という答もしていけないと言われているケースもあります。

本人が自分で在籍確認の電話に応じるのはいいのですが、他人が「その人は出張している」ということで会社に在籍していることを他人にバラしたということになるためです。

このような弊害を回避するためには、WEB完結なら在籍確認の電話連絡がないSMBCモビットがオススメです。

WEB完結でのお申し込みであれば在籍確認の電話連絡を書類の提出で在籍していることを確かめる事が可能なんです。ですので、審査の際に勤務先にかかってくる電話を不安に感じることもありません。

セキュリティ確保のため携帯電話を職場に持ち込めないような人にもお勧めです。

もちろん、SMBCモビット以外のアコムやプロミスでも在籍確認の電話なしで借りる事も可能です。その際は担当の方に相談することで代替案を提示してくれる事もあります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ