カードローンの審査で最も注意すべき点は?

カードローン審査で一番気を付けたいのが、ブラックリストです。

信用情報には過去のクレジットやローンの申込み状況や返済状況などが登録されています。

ブラックリストとは、この信用情報に登録される事故情報のことです。

ブラックリストに入ると、カードローンの審査に重大な悪影響が出てしまいます。

○ 61日以上、3か月以上の延滞に注意

クレジットやローンで61日以上、3か月以上延滞するとブラックリストに入ってしまいます。

61日以上、3か月以上の延滞でブラックリスト入りとなると、削除されるまでの1年から5年ほどの期間でカードローン審査が厳しくなります。

一度ブラックリスト入りとなると、当分の間はカードローンから借りられないと考えておきましょう。

○ 債務整理でブラックリスト入り

延滞よりも長い期間でブラックリスト入りとなるのが、債務整理の手続きです。

自己破産の手続きでは最長10年ブラックリストに入るため、お金に困っても借りるのが難しい状況が何年も続いてしまいます。

債務整理には任意整理という手続きもありますが、任意整理も5年ほどの期間でブラックリスト入りです。

○ 開示請求してみる

自分の信用情報であれば、信用情報機関で開示請求すると確認できます。

CICという信用情報機関ではパソコンやスマホで開示請求できるため、窓口まで出かける手間はありません。

ブラックリスト入りかどうか確認したいときは、信用情報機関で開示請求してみると良いでしょう。

○ まとめ

ブラックリストに入るとカードローンから借りたいと思っても難しくなってしまいます。

ブラックリストが削除されるまで年数がかかるため、日頃のクレジットやローンへの返済は滞らないようにしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ