収入証明書を用意しなくても借りれるカードローンとは?

消費者金融カードローンへ申込みする際、収入証明の提出が求められることがあります。

収入証明は申込み者がどの位の収入を得ているのか、確認するために用いている必要書類です。

中には、収入証明を提出するのが難しい、収入証明を提出したくないという方もいらっしゃるでしょう。

そこで収入証明なしでも、消費者金融カードローンから借りる方法をご紹介していきます。

○ 総量規制のため収入を調べる必要

消費者金融カードローンは総量規制によって、借入総額が年収3分の1までと定められています。

年収は基本的には、申込みの際に入力されたデータを元に判断しますが、自己申告なので正しいかどうかは判りません。

そういう場合に「収入証明書」が必要になります。

給与明細でも、源泉徴収票でも構いません。勤務先名があり、年収が表記されている書類が必要になります。

ここで、簡単に「総量規制」について紹介します。

例えば、年収が450万円の方は、150万円までの借入れが可能とされます。

ですので、増額を希望しても、150万円以上は借りることが出来ないという制限になります。

また、複数の金融業者からの借入れがある場合には、その合計金額でも年収の3分の1までの借入れとなります。

つまり、年収450万円の方がすでに100万円の借入れが他社の金融業者であった場合、新規の申込みでの借入可能額は残りの50万円となります。

消費者金融のカードローン申込みの前に利用できる「簡易診断」には

○ 消費者金融のカードローン審査で収入証明は必要?
しかし、総量規制対象となる消費者金融カードローンであっても、次の条件を満たせば収入証明なしでお金が借りられます。

1.希望の限度額が50万円以下

2.希望の限度額と他社借入額(他貸金業者)の合計が100万円以下

つまり、収入証明なしにするには1社からの借入額は50万円まで、複数社からの借入額は100万円までにするということです。

消費者金融カードローンへの申込みで収入証明が必要になった場合には何を用意すれば良いのでしょうか。

収入証明によく用いられているのが給与明細書、納税通知書、源泉徴収票、所得証明書などです。

○ まとめ

消費者金融カードローンから収入証明なしでお金を借りたいときは、限度額50万円以下で申込みしましょう。

他社借入がある方は、希望の限度額との合計で100万円以下になるように調整してみてください。

ただし、職業や雇用形態、勤続年数などの属性によっては、収入証明が求められることがあります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ