自己破産や債務整理は子供など後々家族に影響がある?

自己破産など債務整理を行うと、家族や後々子どもにも影響があるのかと心配する人がいます。

弁護士事務所では、自己破産や債務整理をしてくれないと手数料が儲からないので、基本的に『影響がない』としかいいません。

消費者金融などは無担保・無保証での借入れなので、すぐに誰か身内に借金の取立てがあるようなことは決して起こりません。

自己破産など債務整理が子どもに与える影響について解説します。

・外バレで子供がいじめられるような事はあまりない

自己破産を行うと、昔のイメージでは子供がいじめられるような事がありましたが、最近では督促状以外のやり取りはおこないません。

近所や学校の友達にバレて、いじめの対象になるという事もないでしょう。

この辺りは余り気にする必要はなさそうです。

・子どもに気付かれると影響が出る可能性がある

自己破産や債務整理を行った場合、夫婦間のどちらかが借金をした状況になると思います。

この場合、子どもが『借金をしている』と考えると、心身の発達に影響を与える場合があります。

なるべく子どもに悟られないようにしましょう。

・差し押さえなどは行われない

家に差し押さえを実行するために、裁判所の職員が来るイメージを持っている人がいますが、自己破産や債務整理は目ぼしい財産しか差し押さえは行いません。

土地などの換金化できる資産を持っていないのであれば特に子どもへの影響を考える心配はないでしょう

自己破産や債務整理を行っても、子どもへの影響は限られるようです。

借金を無くす事の方が重要ですから、安心して法的な対策をとるようにしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ